学校法人 勝愛学園 幼保連携型認定こども園【勝愛幼稚園】

勝愛風の子保育園

乳児部の方はこちら

在園の皆様へ

在園の皆様へ

英語教室だより 1

2020年6月15日

今春の課外授業は新型コロナウイルス感染予防のため暫く停止していましたが、先月末無事スタートしてからは、順調にレッスンを進めております。
教室では、子供たちの安心安全のもと、しっかりコミュニケーションをとって、皆が楽しく英語に親しめるよう指導して参ります。保護者の皆様には、教室へのご理解ご支援を頂きます様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

6月8日から一週間、今年もニュージーランド出身のアンディー先生との一回目の交流レッスンを行いました。その時の様子に併せ、これまでの学習内容をご報告いたします。

年少:初回のレッスンでは、“ここではどんなことをするのかな?”という不思議そうな様子で入室した子供たちも、翌週からは元気よく“Hello!”と笑顔で挨拶するようになり、準備の仕方やStand up /Come here/などの簡単な指示にも少しずつ慣れてきました。
学習内容としては、いろいろな色や虫などの単語をパネルシアターや絵本で練習し、DVDでのABCや数の動画歌も楽しみました。アンディー先生とは、red butterflyのように蝶の色を表現するカラーのカードワークを行い、発音ワークでは、リズムよく声を出してアルファベットチャンツのリピートにトライしました。

年中:年少時に習った数、色、形などの単語やフレーズの復習に続き、新しくお天気を英語で表現するワークを行いました。単語練習だけでなく、益々伸びてきている子供たちの思考力に合わせ、各お天気に相応しい服装や小物とのマッチングにもチャレンジしてみました。
アンディー先生とはMy ball is red.のように“my”(私の~)を用いた文表現をカラーボールやカードで練習しました。正しく発音してから指示のカードをアンディー先生に手渡していくときの子供たちは、とても活き活きとしていました。

年長:全体に落ち着きが増し、子供達の弾けるエネルギーが一段と学習への意欲にも向き、メリハリのあるレッスン展開ができるようになりました。I’m~(わたしは~)You’re~(あなたは~)の基本文に、職業の単語(doctor, nurseなど)形容詞(happy,sleepyなど)を組み込んだ表現や、絵カードの種類、数を指示通り判断して取るカードワークをアンディー先生との対面形式で行いました。しっかり理解した上で英語を楽しむ皆の様子を頼もしく感じました。

英語教室 講師 日浅 純子  古茂田 雅子