学校法人 勝愛学園 幼保連携型認定こども園【勝愛幼稚園】

勝愛風の子保育園

乳児部の方はこちら

読みきかせだより(年少) 58

2019年9月24日

運動会に向けて、年少さんたちの練習も本格的になってきました。
紙芝居「あかしろうんどうかい」は、動物の走り方や、身体の特徴が、大変ユーモラスに描かれています。読むときに、運動会のBGMなども歌いながら、なるべくにぎやかな雰囲気が効果的に出るように、工夫しました。クラスによって反応も様々で、特に木曜班は、お話の世界に入って集中して見ていました。ワニとヘビがゴールする場面では、自然に拍手が起こりました。
絵本「くわがた」は、文章も短めでわかりやすく、年少さんにぴったりの昆虫絵本でした。カブトムシと混同している子もいたので、「カブトムシとクワガタは、ツノの形が違うね」と、初めに確認してから読んだクラスもあります。途中で、カナブン、スズメバチ、カブトムシも出てきて、虫好きの子がどんどん前にやってきて、虫を指さしたり、近くで見たりと夢中になっていました。
片山先生作「いっしょに、あえい」の紙芝居を読んで感心するのは、子どもたちが、紙芝居の流れにそって、自然にいい声が出せることです。子どもたちも楽しかったようで、「もう一回よんで」の声もたくさん聴かれました。
読みきかせ教室 年少担当
永井直美 黒木裕恵